L'éternité - 永遠-
original

L'éternité - 永遠-

¥5,555 税込

送料についてはこちら

___________________________ L'éternité - 永遠- ___________________________ 愛知県を拠点にポートレート、抽象ランドスケープを中心とした作品制作で活動する写真家、北川マキ子による作品集。 本作は、作家が2016年から現在までプライベートで撮影しつづけている詩的な光景に焦点をあてたシリーズをまとめたもの。舞台は、岐阜の渓谷や北海道の荒野。ページをめくっていくと、まるで永遠につづく果てのような光景を追体験しているかのような感覚になる。 同タイトルの詩を聞いたときに感じる身体性や言葉と意識の関係、そして不確かながら現れる断続的なイメージ、その感覚を、静謐なまなざしで捉えた祈りのような一冊。 _______________________________________________ ZINE 「L'éternité -永遠- 」 210×297mm P164 オールカラー 2020年発刊 撮影・制作 /北川マキ子 モデル/心月mitsuki  装丁/製本/hidden design 冨家弘子 _______________________________________________ 突然に失われるかもしれない世界の記憶をなにかに留めておきたいという想いから、息をするように撮影をしてきました。写真は“かつてあった一瞬”の記憶へ過去や未来をつなげ、その場所、あるいは生命に光を与えてゆきます。 このとき、目のまえの現象だけではなく、すべての時間が断片化され、時間をつなげ、また壊し、再構成されたイメージに、わたしたちの認識とはかけ離れたものでありながら、五感から生じたリアリティを孕んでいるように感じるのです。 本著「L'éternité -永遠-」は、19世紀のフランスをセンセーショナルに生きた詩人、アルチュール・ランボーが西洋の海でかつて見た“永遠の一瞬”を、世界が断片化されたいまだからこそ観てみたい、という不純な欲望から生まれた私的なプロジェクトです。 ランボーの美しい詩が生まれた地球というこの星で、時代を超え、それぞれの風土が呼吸をし、いのちを尊び、そこに生きたわたしたちが感応しあう、時間の断片を行き来するプリミティブな本能。その衝動に従うことが、薄明りを切り裂く希望のように感じました。      — 北川マキ子  あとがきより選抜 I have been taking photographs like a breath to preserve memories of a world that might suddenly be lost. Photography connects the memory of "a moment in the past" to the past and the future, giving light to places and life. The images then seem to contain a reality that emerges from the five senses, even though they are far from our perceptions, as all of time is fragmented, connected to time, broken and reconstructed, not just the phenomenon in front of us. 「L'éternité」 is a private project born of the sensational 19th century French poet Arthur Rimbaud's unadulterated desire to see the "eternal moment" that he once saw in the western seas, in this time when the world is divided. On the planet Earth, where Rimbaud's beautiful poems were born, a primal instinct to move back and forth between fragments of time, to transcend time, to breathe in each climate, to cherish life, responds to us living here. Following that impulse felt like a hope that cut through the dimness. — Makiko Kitagawa